2007年08月15日

8月14日の市況

円高で「円キャリー取引解消」懸念で上値も重いが堅調

日経平均            16,844.61 (△44.56)

日経225先物         16,840 (△60 )

TOPIX            1,637.46 (△ 4.82)

単純平均             434.22 (△ 1.90)

東証二部指数           3,890.61 (△21.53)

日経ジャスダック平均       1,960.55 (▼ 2.79)

東証マザーズ指数          772.26 (△ 4.77)


■東証一部

値上がり銘柄数          857銘柄

値下がり銘柄数          780銘柄

変わらず             86銘柄

比較できず            2銘柄

騰落レシオ           64.12%  ▼ 1.93%

売買高            18億6522万株(概算)

売買代金        2兆5392億3500万円(概算)

時価総額          524兆1565億円(概算)

為替(15時)          117.96円/米ドル

■相場雑感

方向感のない相場展開となりました。相場の方向を決めかねて、誰もが「動いた方につく」と言うスタンスになっているように見えます。ただ、足元の業績は好調なものも多く、通期でもよほどのことがない限り、上方修正となりそうな銘柄も多く、好業績銘柄の押し目をしっかりと拾っておいてもいいのではないかと思います。
タグ: 市況
posted by ㈱ヲタ証券 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51460145

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。