2007年08月17日

2007年8月16日の市況

米国株安、円高は止まらず大幅安だが、売られ過ぎの修正も見られる

日経平均            16,148.49 (▼327.12)

日経225先物         16,050 (▼350 )

TOPIX            1,567.46 (▼ 26.69)

単純平均             416.24 (▼ 8.19)

東証二部指数           3,763.65 (▼ 76.42)

日経ジャスダック平均       1,920.00 (▼ 26.65)

東証マザーズ指数          728.89 (▼ 22.80)


■東証一部

値上がり銘柄数          206銘柄

値下がり銘柄数         1,469銘柄

変わらず             46銘柄

比較できず            4銘柄

騰落レシオ           60.11%  ▼ 0.44%

売買高            26億7680万株(概算)

売買代金        3兆8960億6500万円(概算)

時価総額          501兆8637億円(概算)

為替(15時)          116.15円/米ドル


■相場雑感

 大暴落となりました。米国株が大きく下落したことや為替が円高に振れたこと、外国人が相変わらず売り越し基調にあると報じられたことから買い気の乏しい中で大幅下落となりました。アジア株やアジア通貨も売られ、世界的な株安が広がりを見せています。
タグ:
posted by ㈱ヲタ証券 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51711373

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。