2007年08月21日

8月20日の市況

米国株高を受けて大幅な反発、戻り切らないまでもこれ以上の底割れ懸念は遠
のく

日経平均            15,732.48 (△458.80)

日経225先物         15,730 (△430 )

TOPIX            1,523.57 (△ 43.18)

単純平均             401.83 (△ 8.48)

東証二部指数           3,645.48 (△ 28.90)

日経ジャスダック平均       1,875.30 (△ 5.63)

東証マザーズ指数          695.18 (△ 6.72)


■東証一部

値上がり銘柄数         1,316銘柄

値下がり銘柄数          347銘柄

変わらず             60銘柄

比較できず            0銘柄

騰落レシオ           58.19%  △1.57%

売買高            22億4496万株(概算)

売買代金        3兆1511億6900万円(概算)

時価総額          487兆5637億円(概算)

為替(15時)          114.67円/米ドル

■相場雑感
週末の米国市場の反発や為替の落ち着きを好感して買い先行、大幅高となりました。ただ、日経平均の16,000円を意識するところでは目先筋の利益確定売りやリスク資産からの逃避、などの売りも依然として多く、また、暴落への恐怖感から利益確定売りも早めに出て上げ幅も限定的となりました。
ラベル: 市況
posted by ㈱ヲタ証券 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。